会話が途絶えないようにしましょう

ついついピタリと会話が途切れてしまうようなことはありませんか?電話エッチをしているとついオナニーをはじめてしまう人は少なくありません。

しかし、オナニーに夢中になり過ぎてしまうと相手との会話を無視してしまったり、会話を疎かにしてしまうケースがあるようです。

そうなるとせっかく相手と通話して繋がっているというのに会話が出来ない状態になってしまっては電話エッチの意味がなくなってしまいます。

単なる一人エッチをしているだけの状況と同じになってしまうことでしょう。
会話を途絶えさせることなく言葉責めを続けてくれる人もなかにはいます。

けれど、それにまったく一言も返すことなくオナニーに集中してしまって、言葉を発することができなくなっていってしまうような人がいると不安に思ってしまいます。

このまま続けていっても良いのだろうか?下手に言葉を向けてしまうと逆に興奮を冷めてしまわないだろうか?と不安に思ってしまいます。

電話エッチは、お互いに気持ち良くなることも重要かもしれませんが、その前に通話をおこなっていることを忘れてはいけません。
どちらか一方だけが話し続けていれば良いというものではありませんよ。

何を話せば良い?

「電話エッチは女の子と話せる」と言いますが、実際初めて話す女の子。
言ってしまえば見ず知らずの女の子と何を話せば良いのか解らないという人も多いのではないでしょうか。

むしろ見ず知らずのチャットレディといきなり意気投合出来る方がよくよく考えたら凄い事かと思われるのですが、チャットレディと何を話すのかというのは案外大きなテーマだったりします。

チャットレディのプロフなどを見て共通の話題を探すのも良いのですが、この点に関しては実はそこまで緊張するような事はないのかもしれません。

電話エッチはチャットレディ側がもてなす側といった見方も出来ますので、特に話す事がなく、なんとなくフィーリングで入室したチャットレディ相手であれば「なんとなく入ってみました」といったように、特に話題はありませんとカミングアウトしてしまうのも良いでしょう。

お友達との会話にしても、予め何を話そうか決めていない時もあるのではないでしょうか。
そのような時もあるのですから電話エッチでも何か話す事を決めようと力んでいなくともとりあえず入室し、あとはチャットレディの裁量に任せるといったスタンスでもなんら問題ないでしょうから、あまり深く考える必要はないのです。