チャットレディと仲良くなるコツ

接客する側とは言えど、1人の女性には違いないチャットレディですから、苦手意識を拭えない利用客もいれば、好感親近感を抱く利用客もいます。
そんな彼女達とより打ち解けたお喋りを楽しむのであれば、当然後者の好感を抱いて貰える利用客になる必要があります。

そこで鍵となるのがアナタの会話術で、相手からして話しやすい、話す事が楽しいと感じられる受け答えが出来るか否か、この部分がポイントなのです。
かと言って特にズバ抜けたト~ク力が求められる訳ではなく、多くの人達が忘れがちなのが「相手の話を聞く姿勢」なのです。

多くの女性は「自分の話を聞いて欲しい」という欲求が男性よりずっと強い傾向を持つとされています。
だからこそ特に話術に長けた男性でなくとも、しっかりと女性の話に耳を傾ける姿勢を伝える事が出来れば、女性から親近感を持って貰える事となるのです。

時折相手に質問を散りばめつつ、決してプライバシーに過剰に踏み込むのではなく、チャットレディの私生活に興味を持っているとの「シグナル」を届けましょう。
ですが質問三昧はマナー違反となりますので、男性6:女性4の比率で会話を続け、1回のお喋りは1ー2時間程度がベターです。

事前にネタを仕込んでおく事も重要で、そのうち2人だけの間だけで通じるネタやお決まりお馴染みのギャグが出来れば、
2人の距離は相当縮まっていると判断出来ます。
また互いの相性も重要で、どうしても話が上手に噛み合わない場合、元来の両者の持ち味がズレている可能性もありますので、
そうした倍は他の女性にチェンジした方が結果良いケースもある事を覚えておいて下さい。

チャットレディに気に入られるには?

確かに接客業に従事する立場のチャットレディですが、それでも感情を有する1人の女性である以上、当然「お気に入り」「苦手」と感じる客が存在します。

そんな彼女達が声を揃える好印象を覚える客の共通点は、礼儀正しい、マナーを守る男性なのです。
最初にキチンとした挨拶があれば、それだけで印象も大きく違いますし、男性からたとえ簡単でも自己紹介があれば、そこからスムーズにお喋りに入って行く事が出来るのです。

対して挨拶も無しにいきなり独り語りを始める男性に対しては「嫌だな」という感情を抱きがちだとか。
またネットの匿名性が悪い方向に後押しするのか、つい暴言暴挙に及ぶ男性も見られるそうですので、利用に際しては十分気を配りましょう。

そして事前にプロフィールをしっかり読んでくれている男性も高評価で、趣味の話などを男性から振って貰えたなら会話も盛り上がりますし、自身に興味を持ってもらえていると実感出来るのでとても嬉しいそうです。

女性のルックスや性格を褒めるのは王道的手法ですし、褒められてイヤに感じる女性は普通いません。
ですから多少大袈裟でも積極的に相手を褒めるのも男性側に要求されるスタンスであり、中でもこれまで指摘された事が無いポイントを具体的に褒めれば、女性はより一層嬉しく感じてくれるのです。

「その声ってホント可愛いよネ」など、相手がドキッ!とするようなポイントを狙うと良いでしょう。
そして予約を入れてから通いつめてくれる常連客はチャットレディにとって貴重かつ大切な存在であり、自身を指名してくれる事と定期訪問してくれる事から、「この人は私に好意を抱いてくれているんだ」と実感出来、お仕事とはいえどサービスにも自然と力が入るそうです。