お互いが電話エッチで楽しむために

セックスに演技は必要?

女性はセックスの際に「演技」をするという話を聞いたことはありませんか。
これは、たとえばわざと喘ぎ声を出したり大げさに感じているふりをするといったものです。
もちろん一般的には実際に感じて喘ぎ声を上げたり悶えたりしていることが多いのですが、時と場合によってはこういった「演技」が非常に重要な役割を果たすこともあるのです。
「演技」という言い方をすれば印象がよくなかったり男性はちょっとショックかもしれませんが、実はこれ、男女ともにエッチをより高めて楽しむために効果的ともいえるのです。
女性は、わざと喘ぎ声を上げたり感じたふりをしているのを自分自身で認識することでより気分が高まります。
「私はこんなに感じている」「こんなにエッチなことをしている」そう思うことでさらに快感が増幅され、セックスをさらに楽しむことができるのです。
また男性にすれば、女性が感じている状態を目の前にしてますますテンションが上がり興奮させられるに違いありません。
このように、セックスの際の「演技」はそれがあまりにもわざとらしくなければ、非常に効果的な「スパイス」となり得るというわけなのです。

「声」は不可欠

こういった行動が、オナ電の際にはさらに求められます。
というのも、オナ電では相手の姿かたちを目にすることはできません。
つまり、耳から聞こえる声や音だけを頼りにエッチな気分を盛り上げなければならないのです。
実際に自分が感じていても、それをしっかり認識させなければ相手も楽しむことができません。
そのためには、ちょっと大げさなくらいに声を出すのも必要なのです。
そしてこれは何も女性だけに求められることではありません。
男性の場合、セックスの最中に喘ぎ声を上げるなんていう人はあまり多くはないようです。
けれども、オナ電の最中には自分が感じていることを伝えるために息遣いを荒くしてみせたり喘いでみたりといった行為が必要です。
女性の中には、男性の喘ぎ声に妙に興奮するという人も少なくないのですよ。
オナ電でお互いが快感を得るためには、「声を出す」のは不可欠であることを認識しておきましょう。

オナ電にもルールがあります

オナ電を利用しているから何をしても構わない、というわけではありません。
当然のことながらオナ電にもルールがあります。
基本的なことになっていきますし、特に厳しいルールが待ち受けているというわけではありません。

あくまでも常識を考えて周りの迷惑になるような行為や発言をすることはしてはならないということになります。

オナ電を利用していくと、ついつい過激なエロトークを求めてしまったり誰とでもそんな会話ができたり、女の子にエッチな要求を求めていってしまう男性ユーザーの姿もあるかもしれませんが、人によっては過激なエロは苦手としている人もいますし、オナ電を利用しているといってもいつだってエロな話しばかりを求めているという人ばかりではないかもしれません。

女の子だってオナ電に登録しているとはいっても何でもエッチな行為が可能なわけでもありません。
なかには、嫌だという行為にも無理強いさせられてしまって嫌な体験をしたという女の子たちもいます。

つい、男性たちは悪乗りしてしまって過激なエロを要求してしまうものですが、それら全てに応えられる女の子ばかりではないことを理解していきましょう。

最初の内は本音が分からなくても慣れれば分かるようになる

オナ電を初めて利用する男性としては、たまにハードルの高さを感じる事があります。脱がす事が難しいと感じてしまうケースも、たまにあるからです。

そもそも男性によっては、女性経験などがあまり多くない事もあります。そういう男性ですと、脱がす事自体が非常にハードルが高いと感じるケースもある訳です。確かに女の子によっては、ハードルが高い事はありますね。

では実際にオナ電で働く女の子の本音はどうかと言うと、必ずしもそうとは断言できない一面があります。確かに女の子によっては、ちょっと警戒心が高い事はあるのです。それでリクエストになかなか応じてくれないケースも、珍しくありません。

しかしやはり例外の女の子も居る訳です。そもそも女の子としては、本音では命令してもらいたいと考えている事があります。特に自分が気に入った男性などに対しては、そのように考えるケースが多々ある訳です。

と言うのも女の子としては、たまに攻められたい願望があります。それだけに、本心では命令してもらいたいと思うケースもある訳です。

ただし女の子としては、その本心を口には出しません。本音ではそのように考えていても、実際には話されないケースが殆どです。

このため経験が浅い男性としては、オナ電では苦戦してしまう傾向が多々あります。しかし、正直それは慣れの問題もあるのです。

確かに経験が浅い内は、上記のような女の子の本音を読むことができず、なかなか脱がすのが難しい事はあるでしょう。しかしある程度経験を積んでいきますと、だんだんと本音が見えてくる傾向があります。そうなると、女の子に対して高度な駆け引きもできるようになるでしょう。結局チャットは、慣れの要素も大きい訳ですね。