テレクラとテレフォンセックス

今は電話エッチを相手を探そうと思った時、真っ先に思いつく方法は出会い系サイトでしょう。
出会い系サイトで同じように、電話エッチの相手を求めている人を選べば、出会う事は難しくありません。
しかし出会い系サイトが普及する前は、電話エッチ自体があまり一般的なものではありませんでした。

加えて、相手を探す手段が限られていて、その相手を探す手段としてテレクラが利用されていました。
テレクラは電話エッチを限定とした出会いではありません。
実際に会いたい、会ってセックスをしたいと考えている男性の方が多いでしょう。

ですが会うのが無理そうだと分かれば、それならせめて電話エッチでも出来れば・・・と思うわけです。
テレクラは電話エッチが出来るように、ちゃんと個室になっていますし、テッシュなども用意されています。
ただどれぐらい成功率が高かったのかは分かりませんが、電話エッチをしない人の方が多かったので誘っても断られるケースも少なくなかったでしょう。

楽しくおしゃべりをしたい、暇つぶしが出来ればぐらいの気持ちでテレクラに電話したら、いきなりエッチな事を言われても引いてしまうでしょう。
出会い系サイトなら、最初から電話エッチに興味がある女性しか利用をしていません。

加えて、出会い系サイトで知り合った相手と出会う事は便利である反面、リスクもあるという事が周知の事実となっています。
そのため実際に会う事は抵抗があるけど、電話エッチは安全で気持ちよくなれる手段である。
そんなふうに女性の電話エッチへの抵抗感が薄れてきた事も関係しているでしょう。

テレクラにもノンアダルトとアダルトがある?

最近人気のライブチャットの場合は、ノンアダルトとアダルトの料金が明確に分かれています。
しかし対してテレクラは、1時間あたりいくらという料金設定になっていますが、ノンアダルトとアダルトが分かれていません。
厳密には分かれているところも存在するのかもしれませんが、料金に何も記載されていないところの方が多いようです。

何も記載されていないという事は、本人の自由と解釈してもいいのでしょう。
エッチな会話をせずに、純粋に会話を楽しんでもいいですし、テレフォンセックスをするという選択肢もあります。

ですがこんなふうに考えてみませんか?
仮にあなたがアダルトな会話を楽しんだとしましょう。
それはそれで楽しいですが、アダルトな会話を楽しんだ相手が、じゃあ、これから会おうという展開になりますか?

アダルトな会話が出来たのは、実際に顔を合わさない事が前提となっているケースが多いのです。
これから会うという人を前にアダルトな会話なんて恥ずかしくて出来ません。

逆にテレクラでエッチな会話は一切せずに、日常会話で意気投合したとしましょう。
会話が楽しくて、この男性ともう少し会話をしたいと思い、そのまま夕食に誘われたので一緒にいく事になりました。

この時女性は、この人はエッチな会話をしなかったので、安全な人と分類されるわけです。
そして夕食の席でお酒を飲んで、そのままお酒の勢いに流されて、ホテルでエッチ。
そんな男女関係は少なくありません。つまりアダルトな会話をしない方がエッチを楽しめる可能性もあるという事です。

そうなってくると、会話の内容をどうするべきか、そこから戦略しなければいけませんよね。